社会保険労務士,勉強法

社会保険労務士試験の勉強法には、ある種のテクニックというか、コツのようなものがあるのをご存知でしょうか?
合格の為に必要なポイントをしっかりと押さえ、社会保険労務士試験に相応しい勉強法を実践することで、誰にでも確実に合格が近づきます。

「社会保険労務士試験、苦戦中・・・」「勉強法が知りたい」「とにかく受かりたい!」
このサイトは、こうしたお悩みを抱える方に向け、社会保険労務士試験の勉強法について最低限チェックしておきたい重要ポイントをまとめたものです。
私自身、資格取得までにはたっぷり5年間かかりました。
長期に渡る受験地獄を経たからこそ、自分の体験や受験生仲間たちのエピソードをまとめ、 今、本当に合格できる社会保険労務士勉強法を発信しようと思い立ったのです。

中には、「これってどうなの?」と感じられてしまうトピックスもあるかもしれません。
しかしながら、これは私を始めとする何人もの受験生の体験が元になったリアルなお話・・・
騙されたと思って、ちょっと実践してみたらたちまち何かが変わるかもしれません。
合格率一桁の難関国家資格合格を切に願う皆さんのため、微力ながら少しでもお役に立てれば幸いです!

 早速ではありますが、まずは社会保険労務士勉強法の基本スタンスについて、簡単にお話ししていくことにいたしましょう。
難関国家資格の受験勉強に臨んでいる最中、私たちを悩ませるのは
「全て覚えないと」「あれこれも理解できていないと」
という、プレッシャーのような焦りではないでしょうか?
社会保険労務士の勉強法を考える上でも、一般的には皆さん
「まずはじっくりインプット」という姿勢でスケジュールを組んでいくと思います。

しかしながら、社会保険労務士の勉強法において、
「じっくり」「しっかり」「腰をすえて」などのキーワードは厳禁!

・・・というと、少々言い過ぎかもしれませんが、あまりひとつの分野にこだわっていてはあまり良いことはありません。
この資格の試験対策では、一般常識まで合わせれば非常に膨大な数の法律の知識を習得する必要があります。
ある程度法に精通している方でない限り、当然つまずくこともあるでしょう。
そんな時、いちいち理解できない部分に引っかかって先に進めないでいると、いつの間にかその分野の前後の知識、さらには少し前に学んだはずの他の法律の内容がごっそり抜け落ちてしまうでしょう。
「まさか、そんなはずは・・・」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、これは受験生であれば誰もが一度はハマってしまうワナであると言えます。

詳細はまた別の項でご紹介することにしますが、社会保険労務士試験の勉強法において必要なことは、「止まらずに、淡々と学習を進めること」に尽きると思います。
社会保険労務士試験に関しては、「時間が理解を進めてくれる」ことが多々あるからです。
ひと通りの法の内容を学ぶと分かってきたり、各法の横断学習で見えてきたり、という体験は私自身にもいくつもありましたし、他の方も同様のようです。

そういった意味で、社会保険労務士試験の勉強法は「真面目過ぎる人」には少々特殊なものに思えるかもしれません。
しかしながら、そんなポイントこそが合格へのテクニックというもの。
このサイトには、まさに”目からウロコ”な受験のコツが満載です!

次の試験で必ず合格をしたい方、
まずは肩の力を抜いて、少し楽観的になるくらいで臨まれるのが良いでしょう。
それでは、その他の合格ポイントもぜひお見逃しなく!

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めはコチラです。