労働者災害補償保険法

社会保険労務士,勉強法

労働者災害補償保険法

・ 「全体の中のどの位置にいるのか」を念頭において各科目の学習に臨む
・ 健康保険や年金など、社会保険関連制度との違いを意識する


効率の良い社会保険労務士勉強法において、常に注意しておくべきことと言えば「ひとつの分野に飲み込まれないこと」だと思います。
特定の制度について勉強をしていると、ついそれが”どの法律のどの保険給付の中のひとつなのか”を忘れがちです。学習を進めていくうちそれぞれのカテゴリで似たような表現が登場しますから、社会保険労務士試験においては「木を見て森を見ず」の勉強法は後々の混乱のもととなる危険性があると言えます
 これは後述する雇用保険にも重複して言えることですが、労働者災害補償保険法を習得するに当たり、まずは全体像を体系図にまとめておき、勉強を進める際には常にそれを傍らに置いておくと良いでしょう。
また、それぞれ給付日数や額が異なりますので、図の中に簡単に書き記しておくと復習の際に役立つでしょう。

 その他、総則や目的条文を読み込む際には、労働関係法と社会保険関係法との趣旨の違いをしっかりと理解してから、それぞれの分野に進んでいくというのも、労働者災害補償保険法においては大切なことだと思います。
社会保険労務士勉強法において、受験生が最も頭を悩ませるのが「異なる法律同士の類似制度」に関することでしょう。
両者では対象や給付額、要件などの点で相違がありますが、それぞれの趣旨の違いを理解することで、覚えやすくなってきます。
「効率の良い社会保険労務士勉強法」という割にはかなり抽象的なお話に感じられてしまうかもしれませんが、事前にこうしたスタンスをとれているかどうかが、具体的な法の理解には必要だったりするものです。

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めの勉強方法はこちら!