健康保険法

社会保険労務士,勉強法

健康保険法

・ まずは制定の背景をしっかりチェック
・ 「協会」と「組合」の相違点
・ 「被保険者」「被扶養者」「任意継続」「日雇い」などの区別
・ 「費用負担」は疎かにしない


様々な受験生の社会保険労務士試験勉強法を拝見していると、やはり「社会保険法に苦戦している」という方が多いような気がします。
健康保険や年金などは、私たちの生活に密着しているはずの法律であるにも関わらず、複雑で理解しにくいという矛盾・・・。何だかなぁ、という感じではありますが、これ現実なんですね。

 合格に向けた社会保険労務士勉強法においては、「健康保険はすべての分野を広く習得すること」がポイントであると言えます。
特に、疎かになりがちな制定年度や変遷からも出題実績があるため、冒頭から気が抜けません。
また、各給付制度の細かな事項からも作問されているため、制度全般についてもちゃんと理解しておかなければなりません。
効率の良い社会保険労務士勉強法としては、類似するキーワードを横並びにして、「それぞれの相違点に注目して覚えこむ」というやり方をお勧めしたいと思います。
例えば、初めに挙げた「協会」と「組合」、「被保険者」「被扶養者」「任意継続」そして「日雇い」といったキーワードがありますが、それぞれのポイントが頭の中でゴチャゴチャにならないよう、図表にするなどして視覚的に分かりやすくまとめておくと復習の際に役立ちます。

 さらに、このカテゴリにおいては「費用負担」についても、しっかりとチェックされておくのが良いでしょう。
テキストの最後の部分になるため、ついつい手を抜いてしまいがちではありますが、毎年必ず出題されます。合格のための社会保険労務士勉強法では、この分野にこそ重点を置いて取り組んでいただくことをお勧めします!

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めの勉強方法はこちら!