厚生年金保険法

社会保険労務士,勉強法

厚生年金保険法

・ 「振替加算」や「特別加算」・・・、紛らわしい加算をしっかり区別
・ 出題実績の少ない難解分野にはこだわり過ぎないこと
・ 「基金」と「連合会」の役割に注目


社会保険労務士勉強法を考える上で、最も難しいのが厚生年金保険法の対策であると思います。ご存知の通り、複雑で苦手意識を抱きがちな年金制度は、受験生を悩ませる最大の砦といっても過言ではありません。

 合格に直結する社会保険労務士勉強法として、厚生年金の分野については「出題実績に応じたメリハリのある学習」を心がけることが大切であると言えます。
例えば、「60歳代前半の老齢厚生年金」については「一部繰上げ」の具体的な方法を導き出すのはとても難しいのですが、この部分はあまり本試験対策上重要ではありません。
こうした箇所に時間を費やすのであれば、過去に出ている「全部繰り上げ」を確実にマスターし、他の分野に進んだ方が得策であると言えましょう。
社会保険労務士勉強法では、時にはこうした潔さも必要。少々心もとない感じもしますが、すべてにこだわっていては前へ進むことが出来ません。

 一方、社会保険労務士勉強法において意外と重要になってくるのが、「様々な加算の区別」「各団体(基金や連合会)の役割」「国庫負担」などです。
疎かにされがちなカテゴリではありますが、過去に出題実績があるため気が抜けません。

 効率の良い社会保険労務士勉強法を考える上では「本試験で問われる可能性」が常に大切になってきますが、独学の場合、こうした情報の分析が困難なケースも多々あるかと思います。しかしながら、予備校に通うには結構な出費と時間を覚悟しなければなりません。
コンパクトにまとめられた通信教育の専用講座は、必要なポイントをリーズナブルにゲットできるため、効率重視の社会保険労務士勉強法では有効な手段だと思います。
年金に特化した単科講座などもありますので、年金に対して特に苦手意識の強い方にはお勧めです!

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めの勉強方法はこちら!