国民年金保険法

社会保険労務士,勉強法

国民年金保険法

・ 「適用対象」や「合算対象期間」などの前提条件が頻出
・ 各年金の内容理解には、厚生年金保険法との比較がオススメ


国民年金保険法といえば、厚生年金と並んで受験生の悩みのタネ。
社会保険労務士勉強法においても、「年金に入るとなかなか思うように進まない・・・」という方がほとんどなのではないでしょうか?
確かに、私自身、社会保険労務士受験生時代の勉強法を振り返ってみてもそんな感じでした。とにかく制度が複雑で、分かりにくい!

 試行錯誤の上、私が最終的に行き着いた社会保険労務士勉強法は、「厚生年金との比較の中で内容を習得していく」という方法でした。
一度でも勉強された経験のある方であればお分かりいただけるかと思うのですが、厚生年金と国民年金をいつまでも別々に学習していても、なかなか身につきません
片方に集中しているうちにもう一方を忘れたり、両者を混同したりしてしまうんですよね。
こんなことでは、効率の良い社会保険労務士勉強法とは言えません。
ですが、同じ名称の年金を横並びにして見ていくことによって、どんどんクリアになっていきます。子の加算がどちらにつくのか、配偶者加算はどうなのかなど、はっきりと区別できるようになりました。

 この他、社会保険労務士試験・国民年金保険法の勉強法としては、1~3号や任意加入者の「適用対象」「合算対象期間」などの対策も忘れてはいけません。
「感覚で分かるだろう」と油断しがちですが、意外と穴になることが多いのです。

 さて、厚生年金保険法同様国民年金においても言えることですが、効率良く合格を目指すためには、通信教育の社会保険労務士試験講座などを勉強法に加えていくと大変役に立ちます。
複雑怪奇な年金のカテゴリでは、他科目と比較すると相当の時間を費やしてしまいかねません。最短ルートで社会保険労務士試験に合格するためには、勉強法にもプロの力を積極的に借りていくのがスマートです。

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めの勉強方法はこちら!