手続業務からコンサルまで、広がる専門分野

社会保険労務士,仕事

これから社会保険労務士試験に挑戦される皆さんの中には、この資格を取得してからどんな仕事をしていこうか等の具体的なビジョンをお持ちの方がいらっしゃる一方で、「何となく“士業”に憧れて挑戦しようと思ったけれど、社会保険労務士が実際にどんな仕事をするのかイマイチ分かっていない」という方も意外に多いのではないかと思います。
一般的には、ざっくりと“社会保険や労働保険関連の手続き業務に携わる仕事”と認識はされているものの、社会保険労務士としての活躍の場は単にこうした事務だけにとどまらず、個々のアイディアによってぐんと広がります。
本ページでは、社会保険労務士としてどんな仕事が出来るのか、この業界のホントのところについてご紹介したいと思います。

社会保険労務士が携わることの出来る仕事は、大きく分けて下記の3分野です。

・一号業務

書類作成。行政官庁提出用に届出書、申請書、報告書、審査請求などの各書類を作成する業務や、企業向けに就業規則、労働者名簿、各種労使協定、賃金台帳などの書類を作成する業務

・二号業務

代理・代行。一号業務で作成した申請書などを、社会保険労務士が事業主に代わって、行政官庁に提出したり、事業主や個人に代わって行政官庁に対して陳述、要望、主張などを行なったりする

・三号業務

コンサル業務。人事・労務、もしくは年金に関する指導や助言をする

社会保険労務士の仕事といえば従来、一号、二号業務が主流とされていましたが、最近では三号業務をメインに活躍されている先生も数多くいらっしゃいます。
専門分野は企業相手の人事労務の他、個人相手の年金を専門に扱う事務所がある等、自分自身の得意や興味関心を活かした働き方が出来るのも、広範な専門業務を網羅する社会保険労務士ならではであると言えるのではないでしょうか。
また、三号業務を主に扱うことで、必然的に一号、二号業務に関わる機会も増えることになり、結果として社会保険労務士の仕事の幅がぐんと広がりをみせているのです。

加えて、特定社会保険労務士として付記されると紛争解決手続代理業務に携わることが可能となります。
皆さんは社会保険労務士として、どんな分野での活躍を望まれているのでしょうか?可能性は無限大、ぜひ思い思いの道で挑戦されてみてはいかがでしょうか?

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めの勉強方法はこちら!