イマドキの営業は「WEB上」が基本!

社会保険労務士,仕事

社会保険労務士として仕事をするにあたり、営業活動はおそらく何よりも重要になってくる要素です。どんなに専門的な、高い知識があったとしても、そもそも依頼がなければそれを活かすことはできません。


一方で、依頼さえくれば、実務の中で実践的な知識を習得することが可能です。一日も早く一人前の社会保険労務士となるためには、まず依頼をしっかり確保できるようにすることが先決であると言っても過言ではないのです。


【総じて、社会保険労務士は“営業下手”】


しかしながら、社会保険労務士として仕事を始める方の多くが、残念ながら営業未経験者です。多くは事務方出身で、「実務にはすぐに適応できるが肝心な仕事を取るのが苦手」といったケース。皆さんはいかがでしょうか?

ですが、同業者がこのような状況だからこそ、営業で一歩リードできればぐんと集客率が上がる可能性があります。社会保険労務士として仕事をするに先立ち、効率の良い営業ノウハウを検討しておくのが得策であると言えるのではないでしょうか。


【ネット活用で24時間ガンガン集客!】


営業の王道といえば、真っ先に思いつくのが“飛び込み営業”や“DM作戦”だと思います。これらは現代においてもまったく通用しないわけではありませんが、どうしても時間や手間がかかり、効率の良い営業スタイルとは言い難いもの。


DMとなればお金もそれなりにかかりますしね。とはいえ、昔ながらのテレアポというのも、相手先の怒りを買うことはあっても仕事に結びつく可能性としてはさほど高くありません。


そこで味方につけるべきは「WEB」です。例えばホームページは24時間365日、宣伝部長としてあなたの代わりに事務所のPRを行ってくれます。あなたはどこかに出向く必要はありませんし、基本的にはお客様からのアクセスを待つだけなので迷惑にもなりません。


ただの宣伝サイトではいかにも胡散臭く、集客効果は出ないでしょう。ですが、サイトを通じて「顧客にとって有益な情報提供をする」「無料診断をする」などの手法であれば、事務所運営側にもサイト訪問者にも双方にメリットがあるのではないでしょうか。


インターネットを駆使した営業法については、多数参考になる文献が出ています。 社会保険労務士として仕事を始めるにあたり、情報収集されてみると良いと思います。

こんな悩みはありませんか?
●知識がなくて合格できるか不安
●仕事や家事が忙しく中々時間が取れない
●昔から学習が苦手
●学習が続けられるか不安
そんなあなたにお勧めの勉強方法はこちら!