「稼げるのか?稼げないのか?」と問われれば、答えは「稼げます」

本サイトを訪れている皆さんは、社会保険労務士という仕事に少なからず興味があり、実際に挑戦しているか、もしくはこれから受験しようかと考えている方ばかりであると思います。
そんな皆さんにとっての最大の関心事といえば、やはり「社会保険労務士の仕事って稼げるの?」という点にあるのではないでしょうか?

どんなに仕事にやりがいがあっても、さほどお金につながらないのであれば、職業として選択するのはなかなかハイリスクです。
ですが、実際に社会保険労務士が稼げる仕事なのかどうか、本当のところを知る術というのはそうそう転がっているものではありませんよね。

本ページでは、「社会保険労務士で稼げるのか、稼げないのか」というかなりデリケートな問いに、ズバリお答えしたいと思います!

資格を取得して収入をUPさせましょう

さっそく結論から申し上げますと、社会保険労務士は「稼げます」

「今や弁護士でも難しいと言われているのに、一体何をバカなことを・・・」と思われるかもしれませんが、一般的な感覚として弁護士等の他士業と比較してハードルの低い社会保険労務士だからこそ、企業や個人が気軽に仕事を依頼できるのです。

特に、社会保険労務士の専門分野が労働問題や年金問題等、昨今特に社会的注目を集めている話題ばかり。
あまり好ましいことではありませんが、社会保険労務士にとってはこうした流れが追い風になっていると言っても過言ではないでしょう。

従来主流とされていた一号、二号業務の他、三号業務への需要が拡大していることを鑑みれば、より広い分野において社会保険・労働分野における専門家の存在が求められるようになってきていることは明らかです。

「それにしても、コネや人脈もなしに顧客を増やしていくのはなかなか難しいし・・・」と思われているのであれば、前ページでご紹介した通り、「勤務社労士」として働く道があります。
勤務であれば最低でも一般的なサラリーマンレベルの年収は確保できますし、資格手当が支給される会社がほとんどですから、プラスαの収入が期待できるでしょう。

「社会保険労務士の仕事が儲かるのか、儲からないのか」等、資格取得以前にあれこれ悩むなんてナンセンス。
勤務形態や専門分野に応じて多様な働き方の出来る資格だからこそ、無用な心配はせずにまず目指すべきです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です