まずは完璧主義を捨てること

最初は覚えられなくてもスキップ

冒頭でもご紹介した通り、社会保険労務士試験勉強法において、常に念頭に置いておきたいのが「脱・完璧主義」の信念です。

合格率一桁の狭き門を通過するには、あらゆる知識を理解しておかなければならないインプットの段階で不明点などを残しては、合格には程遠い

どうやら社会保険労務士受験生の心の中にはどうしてもそんな想いがあるらしく、私の知る限りでは、結構な割合の方が完璧にこだわっていました(特に初学者の方ほど)。

しかしながら、社会保険労務士勉強法においては、この完璧主義こそが最大の敵

ひとつの分野にこだわっている間に既習の内容を忘れてしまいそんな事態に焦って前に戻って復習していたらその後の知識が曖昧になりそのうち、先月学習していた他の法律がすっかり抜けてしまっている・・・

そう、言うならばまさに”いたちごっこ”なんです。各法のインプットがひと通り終了した時点で「いざ答案練習!」となっても、ほとんどの方が最初の頃に学んだ知識を思い出せないのが現状・・・。

軽いインプットを数周行う

振り返ってみると、これは私自身そのものです。
社会保険労務士の勉強法に関しては、思い悩んだこともしょっちゅう。

社会保険労務士勉強法でまず遵守すべきなのが、「途中で立ち止まらず、ひたすら前へ前へと進む」ということ。

多少分からないことがあっても良いです。むしろ、一読しただけでちんぷんかんぷんな事項も多々あるでしょう。
それでも、最初の頃はあえて、前日の学習内容を翌日、翌々日に読み直してはいけません

最初はモヤっとしても、どんな分野でも学習が進むにつれて必ずクリアになってきます。
前後や各法相互のつながりの中で、理解できることもたくさんあります。

そういった意味では、“じっくりインプット”を1回転するよりも、”さくさくインプット”を3回転する方が絶対に効果的です

もっとも、疑問を抱えながらテキストを読み進めるのは非常に不安だと思います。

ですが、分からないからといっていちいち止まっていては先に進めませんし、何より「忘却」の渦に巻き込まれてしまいます。
社会保険労務士勉強法のこうした極意、ぜひ心に刻んでおいて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です