人事労務、社会保険の専門家として幅広く活躍できる

社労士の魅力を知って、モチベーションを上げましょう

社会保険労務士合格を目指す皆さんであれば、すでに「社会保険労務士とはどんな仕事に携わるのか」、「どんな魅力があるのか」といった具体的なイメージを描ける方は多いと思います。

一方で、中には「士業の中では比較的狙いやすそうだったから受験することにした」「とりあえず何かステイタスにつながる資格が欲しかった」等の理由から、社会保険労務士試験に挑戦しようと決めた方もいらっしゃるでしょう。

合格率一桁の難関国家資格を征するには、永きにわたる受験生活を前向きに突き進んでいくべく“原動力”が必要です。そしてその“原動力”になり得るのが、“高いモチベーション”ではないでしょうか。

「絶対に社会保険労務士になりたい」「合格後にこんな仕事に携わりたい」等、モチベーションの元を形成するためには、まず「社会保険労務士の仕事の魅力を知ること」。
この仕事の醍醐味ややりがいを知り、試験突破に向けたやる気を養いましょう!

企業相手にも個人向けにも、知識を活かして幅広く活躍できるのが社会保険労務士

社会保険労務士の仕事といえば、真っ先に想像するのが「人事労務、社会保険分野の専門家として企業の顧問としてアドバイザー的役割を担うこと」だと思います。

具体的には、労働保険・社会保険関連の手続き全般、さらに専門的な知識を活かしてコンサルティングを行うことが挙げられ、まさに事業主と二人三脚で会社を成長させていくおもしろさがあります。

また、企業相手以外にも、社会保険労務士の活躍の場は広がっています。個人向け業務の主なものが、「年金申請のサポートや代行」です。
例えば障害年金については、申請段階において、専門的な知識や実務上のノウハウが必須となります。

何も知らない個人が申請してダメでも、年金の専門家である社会保険労務士を介すことによって支給決定が下されるケースは多くみられます。
年金は個人の一生に関わる重要な要素ですから、やはりこうした手続に携われることは社会保険労務士としての仕事の醍醐味であると言えるでしょう。

皆さんは、社会保険労務士になってどんな仕事をしてみたいと思いますか?
せっかく合格を目指すなら、その後、この資格を活かす方向で考えられてみるのが良いと思います。俄然、試験対策へのモチベーションも高まるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です