労働保険徴収法

労働保険徴収法の対策

  • 難しく考えず、基本に忠実に
  • 申告先と納付先の区別に注意

労働保険徴収法は、他の法律と比較してもかなりややこしく感じられる科目だと思います。
特に、初学者で実務経験もまったくないような方の場合、最も理解に苦しむ分野であるといえるのではないでしょうか?

私自身の社会保険労務士勉強法を振り返ってみても、すごく苦戦した思い出ばかりが浮かびますね。
なにぶん馴染みのない領域なので具体的なイメージが出来ませんし、覚えるにしてもややこしい・・・。

実務的にはメインとなるところであるだけに、ここを苦手としてしまうのは精神的に結構辛いところです。

効率の良い社会保険労務士勉強法としては、難解な箇所にこだわらず、「基本的な制度の概要を中心にとにかく反復して頭にインプットしていくこと」だと思います。

実際の保険料計算の分野では、ついつい難しい計算問題に目がいきがちですが、本試験で出題されるのは至ってベーシックな(むしろ簡単な)内容ばかりです。
必要以上に警戒してしまっては、スマートな社会保険労務士勉強法とは言えません。

労働保険徴収法において、計算問題以上に注意しておくべきなのが、各制度で登場する「申告先と納付先」です。

制度や対象者によって異なっていたり、似たような名称が並んだりとなかなか難解なのですが、本試験では頻繁に問われるポイント。

絶対に出るところに的を絞ってとことんチェックするのが、合格につながる社会保険労務士勉強法の基本です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です