効率良く合格するための極意

合否は教材選びの時点で決まる?!

社会保険労務士試験のための勉強法についてこれまであれこれと綴ってきましたが、まとめとして言えるのは、「良質な教材があってこそ、このサイトでご紹介してきた様々な手法が活きる」ということです。

完璧主義を捨てて重要ポイントを中心にサクサクと学習を進めていく上で、また時には、苦手箇所の理解のためにじっくりと内容を読み込む上で、いい加減な内容のテキストでは役に立ってくれません。>
また、ある程度しっかりと条文を網羅した教科書でなければ、過去問の出題状況を書き込むことは出来ません。

いわば、社会保険労務士勉強法の基本となる存在だからこそ、本当に信頼できるものに出会えるかどうかがカギになってくるような気がします

私自身、受験を始めた頃には「どれが良い教材なのか」は分かりませんでした。
そのため、適当に選んだ教材を使い、社会保険労務士試験合格に向け様々な勉強法を実践してきましたが、今考えると非常に効率が悪かったと思います。

受験回数を重ねるうちに「このままではいけない」と思うようになり、とある通信教育を受講しました。

「良質な教材とほんの少しのコツ」

結論からいうと、通信教育の社会保険労務士専門講座を利用しての勉強法は非常に進めやすく、効率重視の自分にはとても最適でした。
もう少し早くに始めていれば、5年もの時間を費やすことはなかったかもしれませんね。

合格につながる社会保険労務士勉強法に必要なのは、「良質な教材」と「ほんの少しのコツ」、ただそれだけだと思います。
このサイトでは、これまでに数々の社会保険労務士勉強法のポイントを解説してまいりました。あとは皆さんが自分に合った教材と出会い、ご紹介した方法を実践していくのみです。

私自身の体験が、一人でも多くの受験生の参考になればとても嬉しく思います。
皆さん、ぜひ合格を勝ち取ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です