合格の目安は1,000時間

学習時間の確保は十分に出来ますか?

社会保険労務士試験の勉強法について色々な方と話をしたり、他の受験生のブログを読んだりしてきましたが、そんな中でも皆さんが特に気にしていたのは、「合格するには一体何時間くらい勉強すれば良いの?」といったような、勉強時間に関することでした。

学習に必要な時間に関しては、いろいろな媒体で情報を出しているようですが、一般的には「1,000時間前後」というのが主流のようですね。

もちろん、社会保険労務士試験合格に向けどんな勉強法で臨んでいるのかや、あらかじめどの程度の知識があったかなどの点においては個人差があるため、一概には言えません。

しかしながら、単純にこの平均値を365で割ってみると、1日あたりおよそ3時間の学習時間が必要であるということになります。

さらに厳密に言えば、すでに次の試験まで1年もないケースや、仕事や家庭の関係で毎日コンスタントに勉強できない場合など、あらゆる事情を考慮すると勉強する日の1日あたりの時間数はさらに増えていってしまいます。

予備校や通信講座の受講がおすすめです

いかがでしょうか?
社会保険労務士勉強法を考える以前に、まずいかにして必要時間数を確保できるかを検討しなければなりません

このサイトでは、皆さんが少しでも短期間で効率良く合格できるよう、私自身の実体験に基づいた社会保険労務士勉強法をあれこれご紹介しています。

それらのポイントを押さえると共に、必要に応じて予備校や通信教育などの専門機関を積極的に利用するのも、忙しい社会人受験生には有効かもしれませんね。

私が提案する社会保険労務士勉強法は、独学、通学、通信のいずれの学習スタイルにおいても実践できるやり方です。

本章では「スケジュール編」ということで、具体的にいつまでに何をこなしておくべきなのかを説明していきます。
およそ1,000時間という限られた勉強時間を最大限に活かせるよう、ぜひ参考になさってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です