常に全体像を意識する

学習内容の意味を考える

社会保険労務士勉強法において、常に注意しておきたいのが「常に自分の位置を意識する」こと。
このことは何も、「模試でどの順位にいるのか」「他の受験生と比較してどうなのか」といったことを指しているのではなく、あくまで「今どこを学んでいるのか」に目を向けるという意味です。

一般的な社会保険労務士試験勉強法としては、日々幅広い分野を学ぶことは不可能であり、どうしても特定の単元のみに注目しがちになるのではないでしょうか。

しかしながらそれが毎日続くと、その日学んだことは十分に理解しているのですが「前後のつながりが微妙」になったり、「類似制度とごっちゃに」なったりという問題が生じてしまいます。
これでは、あらゆる法律を効率良く網羅することなど出来ません。

学習内容を図表化してみる

合格のための社会保険労務士勉強法を考える上では、自分がまさに今学んでいる法律の全体像を必ず意識できるよう、工夫することが大切になります。

人によってやり方は様々だと思いますが、例えば、「テキストを最初に一読する際にざっくりと内容を図表にまとめる」など、目に見える形で体系立てをし、視覚的に理解できるようにしておくとスムーズでしょう。

雇用保険法関係では制度がややこしくなっているので、私の場合にはこの作業がとても役に立ちました。

「こんなチマチマした作業、社会保険労務士試験に合格するための勉強法としては効率悪いのでは?」

というご意見もあると思いますが、私の知る限りでは合格者ほど実践しているやり方です。
「木を見て森を見ず」では、効率の良い学習など見込めません。

常に高台から展望するようなイメージで進めていけるのがベストでしょう。
社会保険労務士勉強法としては一見遠回りのような感じではありますが、“急がば回れ”の精神でしっかりと取り組みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です