雇用保険法

雇用保険法の対策

  • 具体的な数字は工夫して必ず覚える
  • ややこしい類似制度は「全体像理解」でクリアに
「覚えるべき数字が多い科目」として有名。

他のものは比較的”理解重視”でしのげるのですが、雇用保険ならではの「所定給付日数」や各制度の給付日数、それぞれの申請期限などは理解だけでは何ともなりません。

暗記の苦手な方の中には「細かい事柄はいっそのこと捨てよう」という受験生も多いのですが、合格につながる社会保険労務士勉強法ではこれはNG。
実際に毎年と言ってよいほど、本試験では詳細な内容が問われているんですから。

語呂合わせ暗記法を活用する

他科目ではあまりお勧めしたくないのですが、雇用保険に限っては語呂合わせに頼ってでも必須事項を身につけるのが、社会保険労務士勉強法の極意。

市販の基本書や資格予備校のテキストを参考にする他、自分で思い出しやすいようなワードを考えてみるのも良いでしょう。
合格のためには、過去問で一度でも問われたことのある数字とその周辺知識はかならず習得して下さい!

その他、雇用保険法では、社会保険労務士勉強法の基本となる「全体像把握」が特に有効な科目であると言えます。

求職者給付は対象者によって内容が異なりますし、就職促進給付の関連では類似項目がたくさん登場します。
労働者災害補償保険同様、体系図を描いて常に傍らに置いておくと、混乱を回避することが出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です