6月・7月の模試シーズン、受けるべきはココの模試

模試で自分の苦手分野をおさえておく

社会保険労務士合格者の勉強法をあれこれ調べてみると、やはり誰もが必ず「模試受験」に力を入れていることが分かりました。
だいたい6~7月頃を中心に各予備校で実施される力試しですが、この時期までにある程度実力を完成させておくというのが目安になっているようですね。

現在の習熟度を客観的に測るだけでなく、残り少ない本試験までの日々の中でどこを重点的に学習すべきかを提示してくれる模試は、ぜひいくつか受けておきたいものです。

受けておくべき模試は?

私がご紹介する社会保険労務士勉強法では、「TAC」「iDE」の模擬試験を必須テストとして挙げておきたいと思います。

なぜこの2社なのかというと、

  • 本試験への出題実績(同じ論点の問題として、実際に出されているケースが多い)
  • 良質な問題(奇問・難問ではなく、基本的なレベルで実力を試すことが出来る)

などの観点から、多くの受験生の間で特に支持されているからです。

また、「大原」の模試は少し趣向の変わった設問が多いとされており、本番を前にひとひねりある問題に触れておきたい場合にはオススメの模試であると言えるでしょう。

各予備校の実力チェックには「中間」と「最終」の2パターンがありますが、いずれもぜひ押さえておきたいところです。
合格につながる社会保険労務士勉強法では、あらゆるタイミングで自分の力を測ることで、本番までの弱点克服につなげていくのが最も効率の良い学習法であると考えています。

「未完成の分野があるから・・・」「自信がないから」という理由で模試受験を見送る方も多いですが、そんなことでは今後も社会保険労務士試験に向けた効率の良い勉強法など見出せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です