勤務社労士の就職活動

勤務社労士の堅実な就職活動って?

これから社会保険労務士の試験を目指すみなさんにとっての一番の気がかりは、「資格を取得して就職できるかどうか?」ということではないでしょうか?>
社労士試験の、難易度や合格率、また年収のことなんかより、仕事は本当にあるのかどうか?将来のその時ことが、やはり一番心配なことだと思います。

たしかに「営業」や「販売」の仕事に比べたら、社労士の求人募集はずっと少ないと思います。
しかし社会保険労務士の仕事が、世の中から無くなることなんか絶対にないのです。

募集案件は少なくとも、永続的に、どこかの企業で必ず社労士のニーズは必ず発生しています。
ここではそのチャンスを逃さないリクルーティングの方法論をお話しします。

総務・人事部門にもぐり込む気持ちが大切

まずは、新聞や求人サイト、職安などで丹念に求人を探すところから始めてください。
しかしそれだけのアドバイスでは普通過ぎますね。

求人を探す時に大切なのは、「社会保険労務士」のキーワードにこだわり過ぎないようにしてほしいのです。
私がお薦めする方法は、一定規模(100名以上)以上の会社で「総務・人事スタッフ」を募集している広告を見つけたら、ひとまずすべてチェックしておくことです。

その会社の業種や設立年数などの企業プロフィールも把握しておくようにしましょう。
「業種」によって、社労士として求められる役割も変わってくることは、すでにお話ししましたね。

「設立年数」をチェックしていただきたいのは、企業というのは、創業10年未満のまだ若い会社なのか、もう会社ができてから30年も経つような会社なのか、そのことと企業規模の関連で、それぞれ抱えている課題が変わってくるからです。

その先について詳しくご説明する力量がなくて申し訳ないですが、そこでみなさんに想像力を働かせてほしいのです。
「社労士としての自分は、その会社のために役立つことができるかどうか?」と。

それができそうに思えたら、乱暴に聞こえるかもしれませんが、ひとまず「未経験等でも歓迎の人事スタッフ」などとして、その会社に潜り込んでしまう(採用される)ことです。

社会保険の手続きや労務管理を必要としていない会社は、世の中には一社もありません。
ある会社に人事スタッフとして採用され就職さえしてしまえば、そんなに遠からずとも、社会保険労務士の資格が役立つ日は来ます。

なぜなら社労士の資格や知識は、社内の人と関わりながら活かしていくものだからです。

事務所への就職は、求人を待っていてはいけません!

「社会保険労務士事務所」に就職するとなると、求人を見つけるのは一般企業以上に難しくなると思います。
社労士2~3名で事務所を運営しているところでは、新しい人を求めていても、求人に高額なお金を掛けること自体むずかしいからです。

しかし規模は小さい半面、社労士事務所は無数にありますし、実力のある事務所なら新しい人材を必要としている事務所も少なくありません。
ですから社会保険労務士事務所への就職には、求人を待っていてはいけません。

検索サイトでエリア検索を掛ける、イエローページをくまなく調べるなどして、みなさんの方から電話を掛け売り込みをするようにしましょう。
断られても断られてもめげずに、たくさん事務所にアタックしてください。

あなたの就職先は、たったひとつの事務所でいいはずです。自分から動いていけば、必ず何かしらの展開が待っているのは、どんな職業でも同じことですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です