社会保険労務士の仕事~1号業務

必要書類の手続き代行

社会保険労務士の仕事は大きく分けて、1号~3号業務と呼ばれている3つの形態があります。
このページでは1号業務についてお話していきます。

社会保険労務士の1号業務とは簡単に言えば、必要書類の手続き代行です。
具体的に上げれば、労働保険や社会保険の手続きです。

これらの保険は会社設立時に加入する義務があり、社会保険労務士は顧客である、
事業主の依頼を受けて、手続きを行います。

例えば、労働保険に加入する際に、労働保険の保険関係設立届を労働基準監督署又は
公共職業安定所に提出しなければいけません。
そのためには、概算保険料申告書に則って保険料を計算し、納付いたします。

また、社会保険で言えば、支払った給与や賞与を元に保険料を計算し、
保険者報酬月額算定基礎届などを提出しなければいけません。

その他にも労災保険の手続きや厚生年金の手続きなど数多くあります。
このような仕事を1号業務と呼びます。

多分一般的な社会保険労務士の仕事は、この1号業務のイメージが強いと思います。

社労士しかできない独占業務

ただ、1号業務に限らず全ての仕事に言えることですが、
別に社会保険労務士に頼まなくても、社内で行うことが出来ます。

ですので、予算に余裕のない企業は経営者や従業員が行なっていることが多いのです。

しかし、社外の人が行なう場合は、社会保険労務士しか行うことができません。
このような仕事は社会保険労務士の独占業務で、有資格者でないと行なえないのです。

また、社内で行なうとしても煩雑な手続きが多く、知識がない方が行なうには非効率です。
これが、従業員が多い会社なら人事や総務などの専門の部署や専属の社会保険労務士を抱えているため対応できますが、
中小零細企業だとそうした部署や専門家いないため、社会保険労務士に依頼することが多くなります。

社会保険労務士を目指すなら、
この1業務はしっかりと覚えなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です